ティファニー

たくさんのブランドの中から婚約指輪や結婚指輪を選ぶのは、見れば見るほど迷ってしまうかもしれませんね。でも、一生に一度の永遠の記念になるものですから、じっくり選ぶに越したことはないです。歴史ある人気のジュエラーには、知る人ぞ知るトピックスがあるのです。この際、いろんな事を一緒に学んで、少しでも指輪を選ぶのに役立てましょう。その方が、指輪への想いも深まるはず!各ブランドならではの特徴が色濃く反映され、ブランドのアイコンとして愛される事柄があります。見るだけで誰もが幸せな気持ちになれる「ティファニーブルー」をご紹介します。

「ティファニーブルー」の由来はコマドリの卵の殻の色「ティフニーボックス」が登場した当初、購入したいという人が続出したそうです。映画『ティファニーで朝食を』の舞台にもなった五番街本店オードリーの役は、当初マリリン・モン口ーが演じるはずだったとかコケティッシュなオードリーの魅力が生かされ、大ヒットになりました婚約指輪のスタンダードとなったセッティング100年以上も前に考案された、ご存知「テイファ二ーセッティング」。あらゆる角度から光を取り込む究極のセッティングなのです。こっくりとしたイエ口ーが特徴の「ティフアニーダイヤモンド」も大人気です。「ティファニーダイヤモンド」はさまざまなジュエリーにセットされてきましたが、「バードオンアロック」は群を抜いていますティファニーは、時代の先を読む革新的な創業者チャールズ・ルイス・ティファ二ーによって創業されました。銀器で高い評価を得て、宝石店に成長させた創業者です。アメリカの宝石商のなかで欧州王室の御用達になった、初の宝石商でもあります。