美容院と通行量チェック

お店を出したい人は通行量チェックをしましょう。最寄り駅やスーパなど、人の流れを大きく左右する施設をチェクして、人の流れの に応じて地図 の道路に色分けをして塗りつぶしますこの通行チェクは、時間帯別、曜日別の調査も必要ですそして地 図から商圏を探りましょう。通常、テナントから半径 500m圏内が第 次商圏と いわれていますまた、河川や道路など商圏を遮断する ものや、人の流れなどを加味しながら商圏を捉えていき ますもちろん、この作 でも際に現調を行ない ますその上で、これまで作成したデ タを総合的にまとめることで、出店候補地の状況はより具体的になります。

市場調査と平行して、「競合店調査」も必ず実施する必要があります。競合店調査の基礎となる美容室のデ ータは、 管轄の保健所で入手できます競合店調査も、実際に現地に足を運んで具体的に情報を収集します。

店舗規模、坪数(セット面数)、シャンプ 台数、スタッフ人数を調査することで、競合庖の大まかな売上を把握することができます。スタッフの男女別、ランク別年齢構成を調べることで、そのお店の大まかな客層がわかってくるはずです。また、客層、お客様の入り具合もチェックします。

他には店の内メニュー 料金、営業時間、定休日といったことも調べ、それぞれのお店ごとの感想、強そうな点、弱そうな点など、コメントを書いておきます。競合店調査は、曜日、時間帯を変えて何度も行なっておくことが大切です。また、同じ曜日の同じ時間帯で、同商圏の全体の美容室の、お客様の入り具合を調べておくことも大切です。その上で、調査した競合店を覧表にまとめます。