市場調査

実際にテナントを探す前に、まずは出店候補地域の市場調査をしておく必要があります テナントを探した後で市場調査を行なうケスがよくあるようですが、この方法は大変リスキーです。テナントを探した後の市場調査では市場調を行なうための十分な時間的余裕がなく、それ以前に、テナント決定後の市場調査で勝ち残 ていくことが厳しい市場と判断されたとしても、もうどうすることもできません。容師頭のままで出店しようとする方ほど、市場調および競合店調を軽視して、後で後悔する傾向があります。

容院の成否が70%がロケーションで決まる」と先 にもご説明しましたが、これは、いくら技術、接客、サ ービスで努力したとしても成否の30%にしかならないと いうことです技術に自信がある方ほど、ロケーション を軽視して、技術、接、サービスで「自分だけは絶対に失敗しない」と勝する傾向にあります。

市場調査の目的は、出店候補地域にどういった市場があるのかということを、具体的なデ タでより明確にすることです。出店候補地域にどんな人たちが暮らしているのか、後発出店のサロンでも既存店にけない市場があるのかどうかということを判断する必要があります。美容院ではイメージしているサロンコンセプトがけ入れ られる市場であるかどうか。もしそうでない場合、ど んなサロンコンセプトであれば受け入れられる市場なのか。そして、どういう客に対して、どんなメニュー、 設定で出店するかということを分析結から総に判断します。

際に足を運んでくまなく街の状況を目で見て、肌 で感じることですどんなお店が、どういったタイプの お客様で賑わっているのか。反対に、どういったお店がはやていないのか。それはどうしてかという市場 の特性にも目を向けておく必があります。