テナント探し

そこでひとつの目安となるのが、「独立を思い立ったその時から、約1年後」、これがオープンまでの期間ですつまり、テナントを契約してからオープンまで約 2 ヶ月かかるため、時間をかけてテナントをじっくりと探す。この時間的な余裕が、失敗しない独立出店のポイントです。そしてテナントを契約する時には、これからお話しする80% 事前準備をすませておくと同時にオープニング販促の企画、打ち出し方など経営者としての知識をしっかりと学んでおくことが大切です。プン準備をスムーズに運ぶために、まずは内装工事までのスケジュールを把握しておきましょう。独立出店の事前準備をする際、まず「どんなお店にしたいのかというサロンコンセプトとそれに基づいた店舗内容イメージをテナント契約までに具体化しておく」ことが第一のポイントです。内装工事までの流れとしては、①出店を検討している出店候補地域をピックアップし、候補地域の市場調査、競合店調査、聞き取り調査などの各種調査を徹底的に行なう。②調査結果をもとに、その地域で出屈した場合、既存店に勝ちうる、少なくとも既存店に負けないだけの市場が存在するかどうかを検討します。また、どうしたら既存店に勝つことができるのかということを具体的に検討する。③①②を総合的に判断した上で、最終的に市場が求めるお店の明確なサロンコンセプトを打ち出す。サロンコンセプトに合致するテナントを探す。この時期までに店舗内装業者を選定。同時進行で、融資を受ける際に必要となる「事業計画書」を作成する。開業後の売上、経費などを「事業計画」に落とし込む。