ひとつの季節にさまざまなメニューを提案

お客様を上位却%、中位ω%、下位却%と三つに分類すると、シーズンごとの「OOキャンペーン」というようにひとつの企画で勝負していくということが、いかに不合理であるかに気がついていただけるのではないでしょうか。つまり、それぞれのターゲットごとに、同時進行で複数の企画を打つことが重要なのです。

さらに男性のお客様をタイプ別に分類して企画を打つこともできるため、これまでとは企画の考え方、企画の捉え方が大きく変わってくるはずです。

同様に、ゲストの悩みやタイプ別など、さまざまな切り口で企画を考えていくことができるようになります。お客様それぞれの好みや悩みを把握していないと、梅雨の時期ならストレートパlマや縮毛矯正、秋になったらカラlリングといった、「ワンシーズン、ワン企画」となってしまいがちです。しかし、お客様それぞれのタイプを理解していれば、ひとつの季節にさまざまなメニュー提案ができるようになります。

お客様のタイプ別の企画を進める際に、それぞれの企画をスタッフに振り分けて、計画から実行、結果のデータ集計までを担当させると、スタッフのモチベlシヨンアップに効果があります。

ここで大切なことは、スタッフにきちんと計画から、実行、結果デlタ集計までの「報告」「連絡」「相談」を義務づけること。もうひとつは、やりっぱなしにしないこと。きちんと反省ミーティングを行ない、次回の企画にフィードバックしていくことを忘れてはいけません。また、始めから完壁を求めすぎないように、楽しみながら行なうのも大切なポイントです。

この提案の目的は大きく五つあります。そのひとつは売上アップ。二つ目はスタッフの育成。三つ目はお庖のマンネリ打破と活性化による、お客様とスタッフへの刺激。四つ目がコミュニケーションアップ。五つ目が来期への企画の種まきということを目的としています。全員で楽しむというスタンスが企画の成功のポイントです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です